脳梗塞を予防して快適な暮らしを実現|ドキドキ不安のない生活

症状や治療方法

花

悪性の脳腫瘍は、がん細胞の増殖によりどんどん大きくなります。そのため早期治療や早期発見のために、多くの人が検査を受けています。治療は主に手術でおこなわれますが、手術後には放射線治療もおこなわれます。放射線治療では、頭蓋骨を切開せずに残ったがん細胞を消滅させることができますし、入院の必要もありません。

詳しく見る

放射線で治療可能に

女性

脳動静脈奇形は、胎内にいるときに脳の中の動脈と静脈とがつながったまま発達してしまったために起こる病気です。脳動静脈奇形になると脳の中に血管のかたまりができますが、その場所によっては手術ができないことがありました。しかし治療法が発達し、現在は放射線で治療できるようになっています。

詳しく見る

脳の病気を治療する

看護師

脳腫瘍になると様々なところに支障が出てしまいます。特に、症状がひどい時はしびれや痙攣、嘔吐などといった症状がでて非常に辛くなってしまいます。症状を少しでも感じたら病院に行って検査を受けることが重要です。

詳しく見る

心臓が原因になります

患者

心臓から血栓が飛びます

脳梗塞とは、脳の血管が血栓などによって詰まることにより、脳が虚血状態に陥って死滅する疾患です。脳の血管といっても非常に細いものから、様々な脳血管につながる太い血管まであります。心原性脳梗塞とは、脳の中の太い血管が血栓で詰まることにより起こる疾患で、脳が虚血する範囲が広くなることから、予後が非常に悪い疾患です。急激に疾患が発症して一気に症状が悪化していくため、治療は時間との戦いになります。原因は心臓の期外収縮で作られる複数の血栓で、サイズがバラバラなので、脳血管の太いところに詰まるものもあれば、細いところに詰まるものもあります。この結果、脳の様々な部位で梗塞が起こり、予後が急激に悪化するのです。

短い時間が勝負です

心原性脳梗塞の治療は、発症して4.5時間以内ならアルテプラーゼ静注療法が適用されます。この治療方法は制限時間内なら脳梗塞に有効な治療方法で、血栓を溶かすことができます。実際には、この治療方法が適応できるように4.5時間以内に病院に来ることが予後を決めます。このように心原性脳梗塞は、発症してしまうと非常に治療が大変な疾患です。そのため予防行動が重要になってきます。心原性脳梗塞は心臓が正常に動かないために起こる疾患です。よって、心臓の異常な動きを予防することと、異常な動きをしても血栓が形成されないように予防策を講じておくことが重要になります。これらの予防方法は薬物療法が中心になって実施され、必要な薬物を定期的に内服し続ける必要が出てきます。